山陰道道路改良工事でのICT施工サポート【掘削・盛土工】③ICT建機精度確認試験

ICT施工のポイント

ICTバックホウ2台の精度確認試験およびバケットのキャリブレーションを実施。

発注方式 施工者希望I型
工種 道路土工
工程 ICT建機精度確認試験 ICT建機キャリブレーション
規模 路体盛土工 15,000㎥、法面整形 4,000㎡
地域 島根県
施工期間 令和元年9月~令和3年3月
使用重機(機材) Nicon Trimble SX10 日本キャタピラー 320(バックホウ) 日本キャタピラー 312F(バックホウ)
使用システム Trimble Bussiness Center

One Man,One Project担当者コメント

担当者:宮川 栄幸

ICTバックホウ2台(320、312F)の精度確認試験を実施しました。2台ある建機のうち1台(320)は、1つ前の現場で使用されていたため、バケットの摩耗による精度の低下がありました。施工精度を確保するために、バケットのキャリブレーションも併せて実施しました。建機メーカーのご担当者も現場に来てくださり、円滑に作業を行うことができました。

CONTACT
まずはお気軽に
お問い合わせください
私たちは、建設会社様のICT施工の導入と自社完結の実現をサポートします
ICT施工を他社に委託することで技術やノウハウが会社に蓄積されない体制から、
自社でICT施工を理解し、技術を習得して工事を完結できる体制づくり を徹底サポートいたします。