施工 防災工事(ICT活用工事対象外)における3次元測量

ICT活用区分
3次元起工測量 3次元設計データ作成 ICT建設機械による施工 3次元出来形管理等の施工管理 3次元データの納品
工事区分 道路土工
発注者 自治体(都道府県)
発注方式 ICT活用工事対象外
ICT工種区分
  • ICT土工
ICT適用工種
  • 落石防護柵工
規模
  • 3次元計測 約2,000㎡
使用重機(機材)
  • Nicon Trimble SX10
使用システム
  • 福井コンピュータ TREND-POINT
施工期間 2021年10月~2022年1月
ICT活用区分
3次元起工測量 3次元設計データ作成 ICT建設機械による施工 3次元出来形管理等の施工管理 3次元データの納品

One Man,One Project 担当者コメント

担当者:川口 太助

自治体発注工事で防災の落石防護柵設置の工事でした。 ICT活用工事対象外でしたが元請建設会社のご要望により、現場の生産性向上を図るためのサポートを実施しました。 地上型レーザースキャナーによる3次元起工測量を実施し、後日「総合マネジメント」のサポートを通じて、3次元ソフトウェア(福井コンピュータ:TREND-POINT)を活用した「点群データからの横断面抽出」などの操作方法のレクチャーを行いました。

i-Construction施工のことなら
お気軽にご相談ください。

豊富な知見とノウハウで建設企業様の
ICT施工を強力にサポートします。