UAV測量前のドローン飛行訓練

先日、直近のドローン測量に向けて飛行訓練を実施しました。

ドローンの飛行を行う際には、航空局で定められている運航マニュアルをはじめとする安全運航基準を遵守して運行することが重要です。

当社のドローン測量操縦士は、事前に使用する機体と同じ機体を使用して規定された時間以上の飛行訓練を行った上で現場に臨んでいます。

日頃から基本動作を意識することで、緊急時でも冷静に適正な対応ができます。

当社では、一般社団法人R−マイスター協会が操縦技能認定する土木業界に特化した出張型ドローンスクールを運営しています。

国土交通省航空局が定めるドローン操縦の安全基準も年々厳しくなっています。

土木現場にてUAV活用の有効性が高まる中で、定期的に更新される最新情報をもとに、土木現場の安全な運航管理体制の確保することも私たちの重要な仕事の一つです。

ドローン操縦技能認定をはじめ、企業としての管理体制などの課題をお持ちの企業様はご相談ください。

UAV飛行訓練
UAV測量前の事前操縦訓練
待ったなし!でも、まだ間に合う! 建設ICT.comのサポートなら安心してICT施工に取り組めます。

i-Construction施工のことなら
お気軽にご相談ください。

豊富な知見とノウハウで建設企業様の
ICT施工を強力にサポートします。