【ICT施工実務シリーズ①】3次元設計データと3次元施工用データの違い

建設ICT.comのICT施工実務シリーズその1 3次元設計データと3次元施工データの違い

こんにちは。i-Constructionスペシャリストの測量士、川口です。

ICT建機のマシンコントロール・マシンガイダンス機能を活用することによって、山切りの法面掘削など、熟練の建機オペレーターでなければ難しかった施工が、経験の少ない若手のオペレーターでも対応しやすくなりました。

その理由は、皆さんもご存知の通り、正確な位置が計測できるICT建機に「3次元データ」が反映されているからです。

この「3次元データ」によって、オペレーターの経験値に依存せずデータどおり正確に施工することが可能となりました。その施工精度は、熟練オペレーターと同等もしくはそれ以上と言っても過言ではありません。私も現場でICT建機の設定を行いますが、その専用ディスプレイはまるでスマートフォンのようで、経験がなくても直感的に操作できることに驚きます。


マシンコントロール/マシンガイダンスを動画で簡単解説!
【第3回】ICT施工ワンポイント講座「マシンコントロール/マシンガイダンスとは」


このように便利で作業効率がアップするICT建機ですが、建設会社様からはこんな声をよく聞きます。

ICT施工で始めたが、途中でやむを得ずICT施工をストップし、従来施工に変更した。

これはなぜでしょうか?

ICT施工が止まる要因

想定される要因はいくつかありますが、大きな要因として、3次元データの間違いが挙げられます。

ICT建機は、設定された3次元データ通りに現況位置を計測しながら正確に稼働します。それゆえ、設定された3次元データに間違いがあった場合には、間違ったデータの通りに稼働してしまいます。

同様に、データに不足があった場合にも、ICT建機の機能を最大限発揮することができません。

このように、「3次元データ」に間違いがあった場合、建機がうまく稼働せず、オペレーターがそれ以上作業を進めることができません。こうなると、ICT施工が止まってしまいます。

データの間違いを特定し、すぐにデータを修正することができればいいですが、そうでないケースがほとんどです。現場監督としては工事を止めることができないため、やむを得ず従来施工で進める、という判断になってしまいます。これがICT施工が止まる理由です。

「3次元設計データ」と「3次元施工用データ」の違い

ではなぜ3次元データの間違いが起こるのでしょうか。

私の経験から、データの間違いは「3次元設計データ」と「3次元施工用データ」の違いを理解していないことから起こると考えています。

ICT建機にとっての正確な3次元データは、「3次元施工用データ」です。
「3次元施工用データ」は、「3次元設計データ」とは異なります。

ここで、2つのデータの違いを説明します。

「3次元設計データ」

発注者から受け取った2次元発注図面をもとに、3次元化したデータのことです。
ICT活用工事では、設計図面の照査や出来形数量の算出、出来形管理の際に3次元設計データを使用します。また、完成検査でも使用されます。最終的に電子納品されるのも、この3次元設計データです。

国土交通省から一部抜粋した3次元設計データと構成要素(道路土工の場合)の図
国土交通省 「空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理要領(土工編)(案)」より一部抜粋

「3次元施工用データ」

現場でICT建機を動かすために必要なデータです。ICTバックホウのマシンコントロール・マシンガイダンス機能を活用するためには、設計面とバケットの刃先に差異が出ないよう、設計データよりも余裕を持った作図をします。そうすることで建機が制御不能になることを防ぎ、スムーズに操作することができます。

国土交通省のHPから一部抜粋したバックホウ施工用データ作成のイメージ図
国土交通省 近畿地方整備局
マシンコントロール/マシンガイダンス技術(バックホウ編)の手引書【施工者用】(平成30年2月)」より一部抜粋

「3次元施工用データ」は、「3次元設計データ」をもとに作成をするため、パッと見の違いはほとんどありません。

現場によっては、3次元設計用データをそのまま施工用データとして活用することが可能な場合もあります。しかし、基本的には現場状況にあわせて施工用データを別途準備する必要があります。

また、現場状況や施工方法、バックホウに限らず、ブルドーザーや転圧ローラーなどのICT建機にあわせた施工用データをそれぞれ準備することで、ICT施工が驚くほどスムーズに進められるようになります。

ICT施工を止めないために

以上を踏まえ、3次元設計データを準備する際は、次のようなことが起こらないよう気を付けてください。

  • データ作成の担当者(自社または委託先)が3次元データの違いを理解していないため意図したデータができない
  • 施工用データに反映させるべき作図要素がわからず、作成者に正確な指示が出せない
  • オペレーターへ施工方法を指示する際に施工用データをうまく活用できていない

また、従来建機の扱いに精通したオペレーターは多いですが、3次元データが設定されたICT建機の扱いはまだまだこれからのオペレーターが多いでしょう。そのため、もし3次元データの間違いが理由でICT施工現場が進行できなくなった場合熟練オペレーターほどICT建機に拒絶反応を示す、またはICT施工自体を否定する、というリスクも想定できます。


ICT建機を使いこなす熟練オペレーターに関するコラム
ICT建機はオペが嫌がる!? むしろ、できるオペほど乗りたがるという事実【前編】


まとめ

今回は、ICT施工現場が止まる理由として、3次元設計データと3次元施工データの違いを説明しました。

ICT施工現場が止まる大きな要因は、3次元データの間違いです。3次元データの間違いが起こる原因は、データ作成担当者をはじめとするICT施工関係者が「3次元設計データ」と「3次元施工用データ」の違いを理解してないことが挙げられます。

まずは現場監督さんが「3次元設計データ」と「3次元施工用データ」をきちんと読み取れるかどうかが非常に大切です。データの役割や作図要素の違いを理解し、適切に発注元への説明や下請け業者への指示を行うことがスムーズな施工管理のポイントになります。

 

建設ICT.comでは、自宅で気軽にi-Constructionを学べるオンライン講座「i-Constructionスペシャリスト要請講座」をスタートしました。
ICT施工を実現するために必要な基礎から応用までを、オンラインで効率良く学習できるプログラムになっています。忙しくて時間が取れない、何を勉強していいのかわからない、情報が複雑で自分では整理できない…そんな方はぜひ本講座を活用してみてください。


施工計画から出来形管理までICT施工の現場サポートも行っています。お気軽にご相談ください。

ICT施工現場サポート
https://kensetsu-ict.com/service/iconstruction-support/

 関連記事
 カテゴリ一覧
CONTACT
まずはお気軽に
お問い合わせください
私たちは、建設会社様のICT施工の導入と自社完結の実現をサポートします
ICT施工を他社に委託することで技術やノウハウが会社に蓄積されない体制から、
自社でICT施工を理解し、技術を習得して工事を完結できる体制づくり を徹底サポートいたします。